電動車椅子サッカーチーム クローバーズ(CLOVERS)

 SPORTが応援しています

 スポルトやちよが応援している、電動車椅子サッカーチーム、「クローバーズCLOVERS」の練習を取材してきました。
クローバーズは、1999年12月に結成されたサッカーチームです。当スポルトやちよの加賀谷理事長が監督としてサッカーの指導にあたってきています。
 電動車椅子サッカーとは、電動車椅子の前にフットガードを取り付けて行う「足で蹴らないサッカー」です。自立した歩行ができないなど比較的重度の障害を持った選手が多く、ジョイスティック型のコントローラーを手などで操りプレーします。電動車椅子の操作ができる方なら、老若男女問わずに誰にでも興奮と満足感を味わうことができるスポーツです。男女混合(4人)のチームで行います。車椅子の制限速度は、日本では道路交通法で、時速6Km以下と定められており、直径33cmのボールを使用し、繊細な操作で繰り広げられるパスやドリブル、シュートなど迫力あるプレーが魅力です。

9月27日の練習風景

   

募集しています

現在、クローバーズの選手は10代から40代までの4名ですが、選手を募集しています。
・車椅子に乗ってスポーツをしたい方、一緒にたのしみませんか。
・練習は、原則として月2回、金曜日の19:00~21:00
・会場は、八千代市市民体育館
・準備するものは、とくにありません。
・用具の電動車椅子などは、チームとして確保してあります。
・興味・関心のある方は、マネージャー(吉野純子) Tel 047-450-9144
または、当スポルト(Tel 047-407-3774)へご連絡ください。
   



ページトップに戻る